本文へスキップ

吉田労務管理事務所は、社会保険労務士業務、行政書士業務、労働保険事務組合を専門とする総合事務所グループです。

TEL. 0790-45-1334

〒675-2404 兵庫県加西市油谷町43

マイクロソフト Office以外で仕事をしてみるLibra Office

概要

皆さんは、仕事でマイクロソフト社のOffice(以下MS-Office)を使用されることが多々あるかと思います。特に人事部や総務部では、Office製品は必需品になります。

でも、昔は比較的安価だったMS-Officeも近年高くなって来ました。そこで、出てくるのがMS-Officeの互換製品です。有償のものもありますが、今回は無償で使用できるOffice製品を検討します。

Libra Office

無料提供されているものでは、OpenOfficeから分離してオープンソース化で開発を継続しているLibra Officeというのがあります。
https://ja.libreoffice.org/

こちらは、元々Open Officeという名で開発が進められていましたが、訳あって分裂しました。比較的安定していますし、MS-Officeのファイル(WordやExcel、パワーポイントなど)を読み込んで編集、保存することもできます。互換性は比較的高いと思います。無償ソフトなので、完璧な互換性は期待できませんが、個人で利用する分には十分な性能を持っています。

例えば、大学生などが論文やレポート作成などで使用するには十分だと思います。

昔のOpen Office時代のアイコン



 Libra Office 名称 解説 
Base  簡易データベースソフトで、MS-OfficeではACCESSに対応しています。 
Calc  これが表計算ソフトで、MS-OfficeのEXCELに対応します。 
Draw  図形描写ソフトです。 
Impress  プレゼンテーション用のソフトで、MS-Officeではパワーポイントに対応します。 
Math   数式作成ソフトです。
Writer  文章作成ソフトで、MS-OfficeではWORDに対応します。 

システム維持費

オフィースのような日常的なソフトでも、導入すれば色々な意味での維持費がかかってきます。例えば、従業員が使用する場合、使い方が分からなければ、書籍を見たり研修に行ったりする必要があります。
そのような場合、世界的に多数使用されてるMS-Officeの場合は、書籍も安価で多数ありますし、研修やセミナも多々開催されています。

それに対して、LibraOfficeなどの無料のソフトは書籍も少なく、研修やセミナもあまり開催されておりません。結果的に習得するまでの時間がかかったり、不具合があると、その回避策に時間がとられる事になります。





毎回小さな修正でも費用が発生します。
維持管理
システム需要員の不在

結論

色々と紹介して来ましたが、文章を大量に作成したり、社外と電子データで文章をやり取りする企業の場合は、やはりマイクロソフト社のOfficeを使うのが無難だと思います。

お問合せ&セミナなど





スポンサードリンク




バナースペース

加西事務所

〒675-2404
兵庫県加西市油谷町43

TEL 0790-45-1334
FAX 0790-45-1824

神戸事務所

〒651-0086 
神戸市中央区磯上通6-1-17
ウェンブレービル6階

サイト内検索

こちら